コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北村湖春 きたむら こしゅん

3件 の用語解説(北村湖春の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北村湖春

江戸前・中期の国学者・俳人。名は季重。通称は休太郎、初号は湖長、のち剃髪して湖春と改める。幼時から父季吟に学び、和歌にも通じた。父と共に幕府の歌学所に仕える。法橋に叙せられた。俳諧は初め父に、のち芭蕉に学んだ。『源氏物語忍草』等の編著がある。元禄10年(1697)歿、53才。(異説あり)

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村湖春 きたむら-こしゅん

1648-1697 江戸時代前期の国学者,俳人。
慶安元年生まれ。北村季吟(きぎん)の長男。20歳のとき父の命で「続山井(やまのい)」を編集。以後季吟俳壇の実務をとり,著作の刊行を補佐する。元禄(げんろく)2年父とともに幕府の歌学方となるが,10年1月15日,50歳で父に先だち死去した。子の湖元が季吟の跡をついだ。名は季順,季重。幼名は休太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北村湖春

没年:元禄10.1.15(1697.2.6)
生年:慶安1(1648)
江戸前期の俳人,歌学者。幼名,休太郎。名は季順,季重。北村季吟の子。父の指導のもと,寛文7(1667)年『続山井』を刊行した。その交流圏は広く,貞門,談林,蕉門にまでおよぶ。父の新玉津島神社移住後は,本宅にとどまり俳諧堂を主宰。歌学においては,『百人一首拾穂抄』の版下書や出版などにおいて,父の助手的役割を果たす。元禄2(1689)年,父の歌学方勤務にともない江戸へ下向。200俵を拝領して,歌学一筋に奉仕した。<参考文献>榎坡浩尚『湖春研究』(『近世文芸・資料と考証』1号),野村費次『北村季吟の人と仕事』

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北村湖春の言及

【湖春】より

…江戸前期の俳人。姓は北村。名は季順(すえより)。通称は久太郎(休太郎)。初号季重。北村季吟の子。京都三条山伏山町の生れ。父季吟の指導によって幼時から俳諧に親しみ,1659年(万治2)12歳で早くも季吟の古今伝授竟宴(きようえん)の俳諧に出座,67年(寛文7)には20歳の若さで宗匠となり,季吟の援助の下これを記念して《続山井(ぞくやまのい)》を編んだ。78年(延宝6)ころから季吟の庇護を離れ,俳壇での主導権を譲られたようで,談林の新風を競い合う気鋭の若手俳人との交渉が活発となった。…

※「北村湖春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北村湖春の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年太祇立圃戴恩記智月尼虚栗三浦休太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone