コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌学方 カガクカタ

デジタル大辞泉の解説

かがく‐かた【歌学方】

江戸幕府の職名。和歌に関する学問をつかさどった。元禄2年(1689)北村季吟湖春の父子が任ぜられ、その後は北村家の世襲となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かがくかた【歌学方】

江戸幕府の職名。歌書の研修・詠歌に関することをつかさどった職。1689年北村季吟父子を召して発足、以後北村家が世襲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

歌学方の関連キーワード右衛門佐局(2)右衛門佐局北村正立北村季任北村季文北村湖春北村春水北村湖元江戸幕府北村季春詠歌発足歌書

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android