コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北極圏の扉国立公園 ホッキョクケンノトビラコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ほっきょくけんのとびら‐こくりつこうえん〔ホクキヨクケンのとびらコクリツコウヱン〕【北極圏の扉国立公園】

Gates of the Arctic National Park and Preserve》米国アラスカ州北部にある国立公園。公園全体が北極圏の中にあり、北米最北のブルックス山脈の一部からなる。公園の名称は、1929年に自然保護活動家で作家のボブ=マーシャルが同地を探検した際、コユークク川を挟む二つの岩山を「北極圏の扉」と呼んだことから。カリブームースハイイログマなどの大型哺乳動物が生息する。隣接するノアタック自然保護地域と合わせ、全米最大の連続する自然保護地域を形成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

北極圏の扉国立公園の関連キーワードベテルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android