コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北沢映月 きたざわ えいげつ

美術人名辞典の解説

北沢映月

日本画家。京都生。名は嘉江、初号は桜園。上村松園土田麦僊に師事する。小倉遊亀に次いで二人目の女性の日本美術院同人となる。現代女性風俗、歴史上の女性たちを題材に気品ある女性像を能くした。総理大臣賞・文部大臣賞受賞。日本美術院評議員。平成2年(1990)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北沢映月 きたざわ-えいげつ

1907-1990 昭和-平成時代の日本画家。
明治40年12月9日生まれ。上村松園,土田麦僊(ばくせん)に師事。院展を中心に活躍し,昭和16年日本美術院同人となる。歴史上の女性をえがき,45年「ねねと茶々」が内閣総理大臣賞を受賞した。平成2年4月7日死去。82歳。京都出身。本名は嘉江(よしえ)。作品はほかに「花と舞妓」「朱と黒と」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android