コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田麦僊 つちだ ばくせん

8件 の用語解説(土田麦僊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

土田麦僊

日本画家。新潟県生。名は金二。鈴木松年竹内栖鳳に師事する。京都絵専卒。大正7年村上華岳小野竹喬榊原紫峰らと国画創作協会を結成し、同会解散後は官展で活躍。西洋画と伝統画風を調和させた清新典雅な作品を発表し、近代日本画の好指標の一人となる。帝国美術院会員。昭和11年(1936)歿、50才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つちだ‐ばくせん【土田麦僊】

[1887~1936]日本画家。新潟の生まれ。本名、金二。杏村(きょうそん)の兄。京都に出て竹内栖鳳(たけうちせいほう)に師事。大正7年(1918)国画創作協会を同志と結成。西洋近代絵画の影響と大和絵研究とが結びついた清新な作品を発表、日本画壇に刺激を与えた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土田麦僊【つちだばくせん】

日本画家。本名金二。佐渡に生れ,竹内栖鳳に師事。初期文展でたびたび入選したが,文展の様式主義にあきたりず1918年小野竹喬村上華岳らと国画創作協会を創立し,伝統の様式に新しい解釈を加えた画格の大きい作品を発表した。
→関連項目榊原紫峰

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田麦僊 つちだ-ばくせん

1887-1936 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治20年2月9日生まれ。土田杏村(きょうそん)の兄。鈴木松年(しょうねん),竹内栖鳳(せいほう)にまなぶ。明治41年から文展に出品。大正7年村上華岳(かがく),小野竹喬(ちくきょう)らと国画創作協会を結成。帝国美術院会員。昭和11年6月10日死去。50歳。新潟県出身。京都市立絵画専門学校卒。本名は金二。作品に「大原女」「舞妓林泉図」「湯女(ゆな)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つちだばくせん【土田麦僊】

1887‐1936(明治20‐昭和11)
日本画家。本名金二。新潟県佐渡に生まれ,17歳で京都の智積院に預けられたが,得度式の前日,画家への志を抑えることができず出奔,鈴木松年の門に入り,間もなく竹内栖鳳の門に転じた。1908年写生画を推し進める栖鳳が中心となった第2回文展に《罰》を出品,三等賞をうけ,また翌年創立された京都絵画専門学校別科に入学した。11年の卒業制作《髪》は第5回文展で注目された。以後ルノアールゴーギャンらの画風をとり入れると同時に,智積院の長谷川等伯など桃山障屛画の装飾性に着目し,12年から17年にかけ《島の女》《海女》や《大原女》(四曲一双),《春禽趁晴図》などを発表,清新な作風で嘱目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つちだばくせん【土田麦僊】

1887~1936) 日本画家。新潟県佐渡の生まれ。本名、金二。杏村きようそんの兄。竹内栖鳳に学ぶ。大和絵の伝統に近代西洋画の様式を加えた独自の画境をひらいた。村上華岳らと国画創作協会を結成。代表作「湯女」「大原女」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土田麦僊
つちだばくせん

[生]1887.2.9. 佐渡
[没]1934.6.10. 京都
日本画家。農家の3男に生れた。本名,金二。 1903年京都に出て,一時僧籍に入ったが画家を志し,鈴木松年の門人となり,さらに竹内栖鳳に師事した。第2回文展以来同展で活躍し『罰』 (1908,京都国立近代美術館) ,『髪』 (11) ,『散華』 (14) ,『大原女』 (15) が入賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土田麦僊
つちだばくせん
(1887―1936)

日本画家。新潟県佐渡に生まれる。本名金二。1903年(明治36)京都に出て鈴木松年(しょうねん)の門に入り、翌年から竹内栖鳳(せいほう)に師事して竹内家に起居する。09年、その年に開設された京都市立絵画専門学校の別科に入学。同科に小野竹喬(ちくきょう)、野長瀬晩花(のながせばんか)、また本科に村上華岳(かがく)、榊原紫峰(さかきばらしほう)らがいた。在学中に黒猫会(シャ・ノワール)、仮面会(ル・マスク)の結成に加わり、11年に同校を卒業。08年の第2回文展に『罰』を出品して三等賞を受け、第11回展まで『髪』(1911)、『島の女』(1912)、『大原女(おはらめ)』(1915)などを発表。18年(大正7)には華岳、竹喬、紫峰らと国画創作協会を結成して第1回展に『湯女(ゆな)』を出品。21~23年のヨーロッパ旅行を挟んで、協会の解散する28年(昭和3)まで、『舞妓林泉(ぶぎりんせん)図』(1924)、『大原女』(1927)、『朝顔』(1928)などを発表して日本画に新生面を開いた。協会解散後は帝展に復帰し、30年に審査員、34年には帝国美術院会員。京都で没。1923年に開いた画塾山南会(さんなんかい)からは福田豊四郎(とよしろう)、北沢映月(えいげつ)、小松均(ひとし)らが出た。哲学者土田杏村(きょうそん)はその弟。[二階堂充]
『内山武夫解説『現代日本美術全集4 土田麦僊他』(1972・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土田麦僊の言及

【国画創作協会】より

…美術団体。1918年(大正7)1月,文展の審査を不満とする京都の若手日本画家,小野竹喬,土田麦僊,村上華岳,野長瀬晩花,榊原紫峰によって結成された。しかし新団体結成の動きは気鋭の麦僊を中心にして大正の初めころからきざしており,竹喬,麦僊の文展落選がきっかけとなり実現をみたといえる。…

※「土田麦僊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土田麦僊の関連情報