コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村松園 うえむら しょうえん

8件 の用語解説(上村松園の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

上村松園

日本画家。京都生。日本画家の上村松篁は子、淳之は孫。名は津禰(つね)。京都府画学校卒。鈴木松年幸野楳嶺竹内栖鳳に師事する。文展で注目を集め、格調高く精神性の豊かな近代美人画を生み出した。女性として初めて文化勲章を受けた。代表作に「焔」「序の舞」等。昭和24年(1949)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うえむら‐しょうえん〔うへむらシヨウヱン〕【上村松園】

[1875~1949]女流日本画家。京都の生まれ。本名、津禰(つね)。竹内栖鳳(たけうちせいほう)などに師事し、四条派の伝統に近代的感覚を加えた画風を確立した。昭和23年(1948)女性初の文化勲章受章。作「長夜」「月かげ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上村松園【うえむらしょうえん】

女性日本画家。本名津禰(つね)。京都市生れ。鈴木松年,幸野楳嶺竹内栖鳳に師事し,四条派の技法を学ぶ。15歳で第3回内国勧業博覧会で褒状を受け,以後各種展覧会で受賞を重ね,1948年文化勲章。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村松園 うえむら-しょうえん

1875-1949 明治-昭和時代の日本画家。
明治8年4月23日生まれ。はじめ鈴木松年(しょうねん)に,のち幸野楳嶺(こうの-ばいれい),竹内栖鳳(せいほう)にまなぶ。明治23年内国勧業博覧会で初受賞。以後文展で受賞をかさねた。優雅な作風の美人画で知られる。昭和16年芸術院会員。23年文化勲章。昭和24年8月27日死去。75歳。京都出身。京都府画学校中退。本名は津禰(つね)。作品に「母子」「序の舞」「晩秋」など。著作に「青眉抄」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

うえむらしょうえん【上村松園】

1875‐1949(明治8‐昭和24)
日本画家。本名津禰,京都四条通りの葉茶屋ちきり屋の次女として生まれるが早くに父を亡くし,画才を見抜いた母の手で育てられ,その才能は早くから店に立ち寄る文人墨客の間で話題になる。1887年京都府画学校に入学,翌年鈴木松年の門に入り,のち幸野楳嶺(こうのばいれい),竹内栖鳳(せいほう)に師事した。90年第3回内国勧業博覧会に《四季美人》を出品して受賞,画名を高め,1907年第1回文展に《長夜》を出品して評判となり,以後受賞を重ねた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うえむらしょうえん【上村松園】

1875~1949) 女流日本画家。京都生まれ。典雅な美人画を得意とした。1948年女性初の文化勲章受章。代表作「母子」「序の舞」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上村松園
うえむらしょうえん

[生]1875.4.23. 京都
[没]1949.8.27. 奈良,平城
日本画家。本名は津禰 (つね) 。日本画家の上村松篁の母。 1887年京都府画学校入学。鈴木松年に師事。 90年第3回内国勧業博覧会で,『四季美人図』が褒状を受けた。それ以後日本美術協会,日本青年絵画共進会,京都新古美術展覧会などに出品して毎年入賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上村松園
うえむらしょうえん
(1875―1949)

日本画家。本名津禰(つね)。明治8年4月23日京都に生まれる。1887年(明治20)京都府画学校に入学、鈴木松年(しょうねん)に師事したが、翌年中退して松年塾に入り、さらに幸野楳嶺(こうのばいれい)、ついで竹内栖鳳(せいほう)に学んだ。90年第3回内国勧業博覧会で『四季美人図』が褒賞となり、その後日本美術協会、日本青年絵画共進会などに出品を続けて美人画に独自の境地を開いていった。1907年(明治40)の第1回文展で『長夜』が、翌年の第2回文展で『月かげ』が三等賞を受賞して画名が高まり、15年(大正4)第9回文展で『花がたみ』が二等賞になり、翌年永久無鑑査に推された。さらに24年帝展委員、34年(昭和9)帝展参与、41年帝国芸術院会員。48年(昭和23)に女性としては初めての文化勲章を受けたが、翌昭和24年8月28日、疎開先の奈良県平城(へいじょう)村(現奈良市)の山荘で永眠。その画風は四条派の伝統を基礎にしてそれに近代感覚を盛ったもので、良家の、あるいは町方の女性を主題に清新な作品を描き続け、前期の情緒的な表現から後期の理知的表現への変化を認めることができる。前期を代表するのは前記の初期文展出品の2作のほか『焔(ほのお)』『娘深雪(むすめみゆき)』などで、後期には『母子』『序の舞』『雪月花』『夕暮』『晩秋』などがある。日本画家の上村松篁(しょうこう)(本名信太郎)は実子。[原田 実]
『上村松篁編『上村松園』別冊『青眉抄・青眉抄拾遺』(1976・講談社) ▽上村松篁編『上村松園』(日経ポケット・ギャラリー) ▽『現代日本美人画全集1 上村松園』(1977・集英社) ▽草薙奈津子著『上村松園』(新潮日本美術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上村松園の関連キーワード筆谷等観福田眉仙久保田金僊長野草風結城素明井上秀加藤清治関口八重吉西野元保田次郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上村松園の関連情報