コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海・バルト海運河 ほっかいバルトかいうんが

百科事典マイペディアの解説

北海・バルト海運河【ほっかいバルトかいうんが】

キール運河,カイザー・ウィルヘルム運河とも。ユトランド半島基部,エルベ川河口からキール近郊に至り,全長98.7km。北海バルト海を結ぶ最短航行路。1887年―1895年建設。
→関連項目キール有門式運河ユトランド半島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

北海・バルト海運河の関連キーワードシュレスウィヒ・ホルシュタインノルト・オストゼー運河ノルトオストゼー運河キール(ドイツ)キール運河三大運河

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android