コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北邙 ホクボウ

デジタル大辞泉の解説

ほく‐ぼう〔‐バウ〕【北×邙】

《北邙山が、後漢以来王侯公卿の墓地として知られるところから》墓地。埋葬場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほくぼう【北邙】

〔洛陽東北にある北邙山は、王侯の墓地として名高いので〕
墓地。 「我れ-の露と消えなんのちの煙に/とはずがたり 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

北邙の関連キーワード嵯峨の屋 おむろ嵯峨の屋お室

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android