コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五行志 ごぎょうしWǔ xíng zhì

世界大百科事典 第2版の解説

ごぎょうし【五行志 Wǔ xíng zhì】

中国の正史のなかの志の一種。さまざまの災異とそれについての解釈を記す。《漢書》五行志にはじまり,《尚書》洪範篇を五行の理論にむすびつけた伏生の《洪範五行伝》およびその解説,また《春秋》に記された災異と前漢代におこった災異についての董仲舒(とうちゆうじよ)・劉向(りゆうきよう)・劉歆(りゆうきん)たちの解釈を示すが,災異は天が人間にあたえる警告であるとの立場,いわゆる天人相関説の立場によってつらぬかれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五行志の関連キーワード己を虚しゅうする河図洛書自由童謡通三凶徴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android