匡弼(読み)キョウヒツ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ひつ〔キヤウ‐〕【××弼】

非をただし、欠けたところを補い助けること。また、それを行う人。匡輔(きょうほ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうひつ【匡弼】

誤りを正し、足りないところを補うこと。また、その人。匡輔きようほ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ひつ キャウ‥【匡弼】

〘名〙 (「匡」「」ともにただす、たすけるの意) 非をただし、及ばないところを助け救うこと。また、その人。匡輔(きょうほ)
※本朝文粋(1060頃)二・答貞信公辞摂政表勅〈菅原文時〉「匡弼功積、化導慮高」 〔後漢書‐左雄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android