コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療計画 いりょうけいかく

知恵蔵の解説

医療計画

医療機関の適正な配置や医療資源の効率的な活用、病院の機能分化などを図るため、医療圏の設定や病床数、病院や救急体制の整備について都道府県が策定する計画のこと。1985年の医療法改正で創設された。都道府県が病院を適正に配置できるようにすることを狙った。病床が過剰な地域で都道府県知事の勧告に反して病院が新設・増床される場合、保険医療機関の指定を取り消すこともできる。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

いりょう‐けいかく〔イレウケイクワク〕【医療計画】

地域の医療体制の整備を促進し、効率のよい医療を提供できるよう、都道府県が5年ごとに定める計画。医療法で規定。地域の人口や年齢構成、病気の傾向に合わせた基準病床数の算定などを行う。→医療圏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

医療計画の関連キーワード地域保健医療計画医療情報システム新医療計画無医地区地域医療倉田正一脳卒中

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療計画の関連情報