コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匿名組合契約 トクメイクミアイケイヤク

2件 の用語解説(匿名組合契約の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とくめいくみあい‐けいやく〔トクメイくみあひ‐〕【匿名組合契約】

出資者(匿名組合員)が特定の営業者の営業のために出資し、生じた利益の分配を受ける契約形態。出資者と営業者の契約であり、出資者間での権利・義務は発生しない。出資金で購入した資産の名義は営業者になるため、出資者の匿名性が保たれ、投資リスクは出資額の範囲内に限定される。→匿名組合

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

匿名組合契約

出資者が表に出ず、出資額に応じて利益の分配を受ける契約。投資リスクが出資額に限定されるため、資金が集まりやすい利点がある。海外からの出資者への分配金については、原則的に20%が源泉徴収される。

(2007-12-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の匿名組合契約の言及

【匿名組合】より

…商人(営業者)がある者(匿名組合員)から出資を受け,その営業から生ずる利益を分配することを約する契約を匿名組合契約という(商法535条)。組合員の出資と営業者の企業経営とからなる共同企業形態の一つ。…

※「匿名組合契約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

匿名組合契約の関連情報