十一谷 義三郎(読み)ジュウイチヤ ギサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

十一谷 義三郎
ジュウイチヤ ギサブロウ

大正・昭和期の小説家



生年
明治30(1897)年10月14日

没年
昭和12(1937)年4月2日

出生地
兵庫県神戸市元町

学歴〔年〕
東京帝大英文科〔大正11年〕卒

主な受賞名〔年〕
国民文芸賞〔昭和3年〕「唐人お吉」,渡辺賞(第3回)〔昭和4年〕

経歴
高校時代から文学を志し、大学入学の年、三宅幾三郎らと同人誌「行路」を創刊。大学卒業後東京府立一中に勤務。大正12年短篇集「静物」を刊行。13年文化学院に移り、また新感覚派の「文芸時代」創刊に参加する。昭和3年代表作「唐人お吉」を発表。7年には「神風連」を発表。その他の作品に「仕立屋マリ子の半生」「生活の花」「心の夕月」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

十一谷 義三郎 (じゅういちや ぎさぶろう)

生年月日:1897年10月14日
大正時代;昭和時代の小説家
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android