十七文字(読み)じゅうしちもじ

精選版 日本国語大辞典「十七文字」の解説

じゅうしち‐もじ ジフシチ‥【十七文字】

〘名〙 (五・七・五の一七字であるところから) 発句俳句)の異称。じゅうしち。
俳諧・西鶴大矢数(1681)第一一「今日の月十七文字をおもひよる 名乗かへして一代の秋」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android