コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十不二門指要鈔 じっぷにもんしようしょうShibu-er-men zhi-yao-chao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十不二門指要鈔
じっぷにもんしようしょう
Shibu-er-men zhi-yao-chao

中国,宋の知礼の著。湛然の『十不二門』に対する注釈書で,観心の対象が妄念を離れた純粋な心であるとする山外派 (さんがいは) の主張に対して,一心三観などの瞑想法の対象となるのは,迷っている状態のままの心であると強く主張し,天台宗教学をもとの形に復することをねらいとしている。知礼の立場は山家派 (さんげは) と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十不二門指要鈔の関連キーワード慧澄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android