コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十不二門指要鈔 じっぷにもんしようしょう Shibu-er-men zhi-yao-chao

1件 の用語解説(十不二門指要鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十不二門指要鈔
じっぷにもんしようしょう
Shibu-er-men zhi-yao-chao

中国,宋の知礼の著。湛然の『十不二門』に対する注釈書で,観心の対象が妄念を離れた純粋な心であるとする山外派 (さんがいは) の主張に対して,一心三観などの瞑想法の対象となるのは,迷っている状態のままの心であると強く主張し,天台宗教学をもとの形に復することをねらいとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十不二門指要鈔の関連キーワード厳羽湛然楽書十二門六祖四明天台慧澄不二門智光増山顕珠不二菊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone