コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一心三観 いっしんさんがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一心三観
いっしんさんがん

天台宗の瞑想法の一つ。あらゆる事象相対を超えた仏教の絶対的真理にかなっていることを体得すること。現象世界を否定的にあつかう空観 (くうがん) ,肯定的にとらえる仮観 (けがん) ,この両者がともにそなわってはじめて真理を把握しうるとする中観 (ちゅうがん) の三観を,ひと思いに一時に観念すること。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっしん‐さんがん〔‐サングワン〕【一心三観】

天台宗の観想法。一切の存在には実体がないと観想する空観(くうがん)、それらは仮に現象していると観想する仮観(けがん)、この二つも一つであると観想する中観(ちゅうがん)を、同時に体得すること。円融三観。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

一心三観【いっしんさんがん】

天台で説く最も重要な観法。すべての事象・存在がそのまま相対思惟(しい)を越えた真実の理法にかなうことを体得するためのもの。一瞬の心のうちに,空観,仮観(けかん),中観の三観が成立する。
→関連項目円融三諦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いっしんさんがん【一心三観】

〘仏〙 天台宗で説く観法。空くう観・仮観・中ちゆう観の三観を同時に備えもつこと。すべての事物がそのまま仏教の理法にかなっていることを体得すること。円教の三観。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一心三観の言及

【慧文】より

…生没年,生地ともに不明だが,その下に南岳慧思を出すことで,天台宗第2祖とされる。先に姚秦の羅什が訳出した竜樹の著作によって,禅観の実践につとめ,一心三観の理を悟って,その教理を集大成する。慧思を介して,天台智顗(ちぎ)がこれを総合し,法華三昧を軸に,天台宗を開創する。…

※「一心三観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一心三観の関連キーワード十不二門指要鈔山王一実神道日延(2)法華玄義日本記天台宗澄憲円教智顗竜樹慧文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android