コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湛然 たんねんZhan-ran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湛然
たんねん
Zhan-ran

[生]景雲2(711).江蘇
[没]建中3(782)
中国,天台宗の第6祖。荊渓尊者妙楽大師とも呼ばれる。儒家に生れたが,天台の門に入り玄朗に学んだ。中唐以後,禅宗が盛んであったなかで,華厳宗澄観好敵手として,江南の各地で活動し,天台を復興し,中興の祖といわれた。教義上従来と多少の差が認められるのは,中唐以後における各宗融合の傾向を示す一例である。主著『法華玄義釈籤』『法華文句記』『摩訶止観輔行伝弘決』『止観大意』『止観義例』『止観捜玄記』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぜん【×湛然】

[ト・タル][文][形動タリ]水が十分にたたえられよどんでいるさま。また、静かで動かないさま。
「―たる水の底に明星程の光を放つ」〈漱石・幻影の盾〉

たんねん【湛然】

[711~782]中国、唐の僧。天台宗中興の祖。常州晋陵(江蘇省)の人。荊渓(けいけい)尊者・妙楽大師ともよばれる。智顗(ちぎ)著述の研究と普及に努めた。著「法華玄義釈籤」「止観大意」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

湛然【たんねん】

中国,唐代の天台宗の僧。江蘇(こうそ)省の人。律・華厳(けごん)・唯識(ゆいしき)にも深く,江南で智【ぎ】(ちぎ)の教説の研究と布教に努め,晩年天台山に住す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんねん【湛然 Zhàn ráng】

711‐782
中国,唐代中期の僧。天台宗の第6祖。荆渓または妙楽大師とよばれる。姓は戚,江蘇省の荆渓の人。金華の方厳と左渓玄朗について天台を学び,広く律,唯識,華厳に通じた。禅宗の盛行に対決し,天台宗の伝統を確立し,教学の中興をはかって,智顗(ちぎ)の三大部その他の注をつくり,記主の名を生むとともに,《金錍論十不二門》その他の著作を出す。弟子も多く,道邃,行満,明曠など数人あり,翰林梁粛は,在家の居士として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんぜん【湛然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
静かに水をたたえているさま。また、静かで動かないさま。 「 -として音なき秋の水に臨むが如く/薤露行 漱石

たんねん【湛然】

711~782) 中国天台宗の第九祖(智顗ちぎを初祖として六祖と通称)。天台中興の祖。荊渓尊者・妙楽大師と称される。智顗の著述の研究とその教学の宣揚につとめた。著「法華玄義釈籤」「摩訶止観輔行伝弘決」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湛然
たんねん
(711―782)

中国、唐代の天台宗の僧。俗姓は戚(せき)氏。荊渓尊者(けいけいそんじゃ)、妙楽(みょうらく)大師と敬称される。晋陵(しんりょう)県荊渓の儒家に生まれ、20歳のとき玄朗(げんろう)(673―754)に天台を学び、38歳で出家した。ついで会稽(かいけい)の曇一(どんいつ)(692―771)律師に律を学んだ。天台宗の開祖智(ちぎ)の著述を注釈、研究し、法相(ほっそう)宗、華厳(けごん)宗、禅宗の誤謬(ごびゅう)を論難して、天台宗旨を顕揚した。著書には、『法華玄義釈籤(ほっけげんぎしゃくせん)』20巻、『法華文句記(ほっけもんぐき)』10巻、『摩訶止観輔行伝弘決(まかしかんふぎょうでんぐけつ)』40巻などの注釈書のほかに、『五百問論』3巻、『金(こんぺいろん)』1巻、『止観義例』2巻、『止観大意』1巻などがある。[池田魯參]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湛然の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛十不二門指要鈔弘決外典鈔弘決外典抄非情成仏山本常朝具平親王耶律楚材従容録トタル折伏六祖鑑む元照宣揚初祖

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湛然の関連情報