十八学士(読み)ジュウハチガクシ

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐がくし〔ジフハチ‐〕【十八学士】

唐の太宗閻立本(えんりっぽん)に像を描かせ、褚亮(ちょりょう)に賛を作らせた18人の文学館学士。杜如晦房玄齢・于志寧・蘇世長・薛収・褚亮・姚思廉・陸徳明孔穎達・李玄道・李守素・虞世南・蔡允恭・顔相時・許敬宗・薛元敬・蓋文達・蘇勖をいう。薛収の死後、劉孝孫を補った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはちがくし【十八学士】

唐の太宗が、閻立本えんりゆうほんにその像を描かせ、褚亮ちよりように賛を作らせた一八人の文学館学士。杜如晦とじよかい・房玄齢・于志寧・蘇世長・薛収せつしゆう・褚亮・姚よう思廉・陸徳明・孔穎達くえいたつ・李玄道・李守素・虞世南・蔡允恭さいいんきよう・顔相時・許敬宗・薛元敬・蓋文達・蘇勖そきよくの称。薛収死後、劉孝孫を補った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうはち‐がくし ジフハチ‥【十八学士】

[一] 唐の太宗が、閻立本(えんりゅうぼん)に像を描かせ、褚亮(ちょりょう)に賛を作らせた、一八人の文学館学士。すなわち杜如晦・房玄齢・于志寧・蘇世長・薛収・褚亮・姚思廉・陸徳明・孔穎達・李玄道・李守素・虞世南・蔡允恭・顔相時・許敬宗・薛元敬・蓋文達・蘇勖の称。
[二] 唐の玄宗が集賢院に集めた一八人の文学の学士。すなわち張説・徐堅・賀知章・趙冬曦・馮朝隠・康子元・侯行果・韋述・敬会真・趙玄黙・母・呂向・咸廙業・李子釗・東方顥・陸去泰・余欽・孫季良の称。開元十八学士ともいう。人物画の画題とされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android