コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀知章 がちしょうHe Zhi-zhang

3件 の用語解説(賀知章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀知章
がちしょう
He Zhi-zhang

[生]顕慶4(659)
[没]天宝3(744)
中国,盛唐の詩人,書家。会稽永興 (浙江省) の人。字,季真。証聖1 (695) 年進士に及第,四門博士となった。その後諸官を経て,開元 13 (725) 年礼部侍郎にいたり,最後に秘書監となった。しかし晩年は放縦な生活をおくり,四明狂客,秘書外監などと号して町を遊び歩き,酒に酔っては人に書を書いてやったという。官を捨てて故郷に帰り,道士となったがまもなく死亡。書は草書,隸書を得意としていた。詩は 19首残っているだけだが,さっぱりした性格で当時の風流人の交際のなかで重きをなし,また李白の才能を発見して,「謫仙人」と呼んだことで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐ちしょう〔‐チシヤウ〕【賀知章】

[659~744]中国、唐の詩人。永興(浙江省)の人。字(あざな)は季真(きしん)。号、四明狂客(しめいきょうかく)。放縦な性格で、酒を好み、李白(りはく)と親交があった。飲中八仙の一人。また、行書の名手。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がちしょう【賀知章】

659~744) 中国、盛唐の詩人。字あざなは季真。飲中八仙の一人。性放縦で、晩年は四明狂客と号す。清淡風流な詩で世に知られた。李白を見いだした人物としても有名。草書・隷書の名手。詩「郷に回り偶書す」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の賀知章の言及

【李白】より

…その後,江南に遊んで道士呉筠(ごいん)と知り合い,呉筠が朝廷に召し出されたのに従って初めて長安にのぼった。長安では賀知章(659‐744)の知遇を得たが,彼は李白の詩に驚嘆して〈謫仙(たくせん)〉(天上から流刑された仙人)だと言った。賀知章の推挙で玄宗に召し出され,翰林供奉(かんりんぐぶ)を授けられたのは42歳のときであった。…

※「賀知章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

賀知章の関連キーワード空き家軒数の増大本殿と遷宮賀知章トーゴ穆公北史阿倍広庭伊吉博徳紀麻呂藤原不比等

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone