十六夜の月(読み)いざよいのつき

精選版 日本国語大辞典「十六夜の月」の解説

いざよい【十六夜】 の 月(つき)

(満月翌晩は月がいさよう、つまり出がやや遅くなるところから) 陰暦十六夜の月。既望の月。いざよい。いざよいづき。特に、八月十六夜の月にいうことが多い。《季・秋》
源氏(1001‐14頃)末摘花「いさよいの月をかしきほどにおはしたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十六夜の月」の解説

いざよい‐の‐つき〔いざよひ‐〕【十夜の月】

陰暦十六夜の月。満月の翌晩は月の出がやや遅くなるのを、月がためらっていると見立てたもの。 秋》「―や蒔絵(まきゑ)のしづみたる/越人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android