既望(読み)キボウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ぼう〔‐バウ〕【既望】

(すで)に満月を過ぎた意》陰暦16日の夜。また、その夜の月。いざよい。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ぼう ‥バウ【既望】

〘名〙 (「既」はすでに、「望」は満月の意) 満月を過ぎた夜。陰暦一六日の夜。また、その夜の月。いざよい。《季・秋》
※済北集(1346頃か)三・八月十四夜「乾坤爽気半金天、既望清光似十全」 〔書経‐召誥〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる