コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十劫の弥陀 じっこうのみだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十劫の弥陀
じっこうのみだ

阿弥陀仏が修行時 (因位) に四十八願を立てて仏となることを誓って,成仏してからいまにいたるまでの時間を十劫と数える。劫は長い時間の単位。このように,この世に現れて修行する仏を,久遠の弥陀の現れとみる場合,浄土宗真宗教義では,十劫の弥陀と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十劫の弥陀の関連キーワード阿弥陀仏

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android