因位(読み)いんに

  • いんい
  • いんい ‥ヰ
  • いんい〔ヰ〕
  • いんに ‥ヰ
  • いんに〔ヰ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。修行の結果に到達するまでの過程を原因とみなしていう。結果としての悟りにいたる以前の修行の過程,また求道者である菩薩段階のこと。因地 (いんじ) ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まだ修行中で、成仏していない菩薩ぼさつなどのような地位。因地。 ⇔ 果位

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。仏になるために修行している位。また、その期間。仏道修行の果である仏の位に対する、菩薩の地位。因地。いんに。⇔果位
※霊異記(810‐824)下「観音も亦爾(しか)り。正覚を成すと雖も、有情を饒益(ねうやく)せむが故に、因位に居り」
〘名〙 「いんい」の連声。
※幸若・常盤問答(室町末‐近世初)「釈迦仏のいんにじゅどう菩薩とおはせし時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報