コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十八願 しじゅうはちがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四十八願
しじゅうはちがん

大無量寿経』で説かれる 48種の誓願で,阿弥陀仏法蔵菩薩であったとき立てた誓願をいう。 210億の諸仏の国土から選択摂取した誓願なので選択本願ともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しじゅうはち‐がん〔シジフハチグワン〕【四十八願】

阿弥陀仏法蔵比丘のとき、衆生を救うために立てたという48の誓願。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅうはちがん【四十八願】

「無量寿経」に説く、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行していたときに仏になる条件として立てた四八の誓願。浄土教の根拠で、特に第十八願は重視される。弥陀の本願。 → 第十八願

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四十八願の言及

【本願】より

…この原形は《心地観経》に認められるが,智顗(ちぎ)に至ってこのような形になったとされ,宗派によって字句に多少の異同がある。後者には,《無量寿経》に説く阿弥陀如来の四十八願,《悲華(ひけ)経》に説く釈迦如来の五百大願,《薬師本願経》に説く薬師如来の十二大願,《華厳(けごん)経》に説く普賢菩薩の十大願などがある。仏・菩薩の本願は生きとし生けるものの救済を本意として立てられているが,おのおのの仏国土(ぶつこくど)を浄(きよ)めて衆生を救済しようとする浄仏国土(じようぶつこくど)の本願と,現実のこの穢土(えど)で成仏して衆生を済度しようとする穢土成仏の本願とがあり,たとえば弥陀の四十八願は前者,釈迦の五百大願は後者にあたる。…

※「四十八願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四十八願の関連キーワード岡本文弥(初代)超世の悲願四十八体仏十劫の弥陀超世の願第十八願他力本願無量寿経無三悪趣不取正覚至心信楽六八弘誓四十八夜五劫思惟来迎図来迎仏像聖覚臨終三信

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四十八願の関連情報