四十八願(読み)しじゅうはちがん

大辞林 第三版の解説

しじゅうはちがん【四十八願】

「無量寿経」に説く、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行していたときに仏になる条件として立てた四八の誓願。浄土教の根拠で、特に第十八願は重視される。弥陀の本願。 → 第十八願

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじゅうはち‐がん シジフグヮン【四十八願】

〘名〙 阿彌陀如来が法蔵比丘と称した修行時代に、一切の衆生を救うために立てた四八の誓願。無量寿経に説く。四十八の大願。
※往生要集(984‐985)大文三「阿彌陀仏、別有大悲四十八願、接引衆生」 〔天台大師別伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の四十八願の言及

【本願】より

…この原形は《心地観経》に認められるが,智顗(ちぎ)に至ってこのような形になったとされ,宗派によって字句に多少の異同がある。後者には,《無量寿経》に説く阿弥陀如来の四十八願,《悲華(ひけ)経》に説く釈迦如来の五百大願,《薬師本願経》に説く薬師如来の十二大願,《華厳(けごん)経》に説く普賢菩薩の十大願などがある。仏・菩薩の本願は生きとし生けるものの救済を本意として立てられているが,おのおのの仏国土(ぶつこくど)を浄(きよ)めて衆生を救済しようとする浄仏国土(じようぶつこくど)の本願と,現実のこの穢土(えど)で成仏して衆生を済度しようとする穢土成仏の本願とがあり,たとえば弥陀の四十八願は前者,釈迦の五百大願は後者にあたる。…

※「四十八願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四十八願の関連情報