四十八願(読み)しじゅうはちがん

大辞林 第三版の解説

しじゅうはちがん【四十八願】

「無量寿経」に説く、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行していたときに仏になる条件として立てた四八の誓願。浄土教の根拠で、特に第十八願は重視される。弥陀の本願。 → 第十八願

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の四十八願の言及

【本願】より

…この原形は《心地観経》に認められるが,智顗(ちぎ)に至ってこのような形になったとされ,宗派によって字句に多少の異同がある。後者には,《無量寿経》に説く阿弥陀如来の四十八願,《悲華(ひけ)経》に説く釈迦如来の五百大願,《薬師本願経》に説く薬師如来の十二大願,《華厳(けごん)経》に説く普賢菩薩の十大願などがある。仏・菩薩の本願は生きとし生けるものの救済を本意として立てられているが,おのおのの仏国土(ぶつこくど)を浄(きよ)めて衆生を救済しようとする浄仏国土(じようぶつこくど)の本願と,現実のこの穢土(えど)で成仏して衆生を済度しようとする穢土成仏の本願とがあり,たとえば弥陀の四十八願は前者,釈迦の五百大願は後者にあたる。…

※「四十八願」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四十八願の関連情報