十字式背骨健康法(読み)じゅうじしきせぼねけんこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十字式背骨健康法
じゅうじしきせぼねけんこうほう

北海道の獣医師安久津政人が創始したもので,背骨の矯正によって各種の病気を治す方式。カイロプラクティックなどと同じところもあるが,安久津自身が熱心なキリスト教徒であり,宗教的な要素が根本になっている。 1973年には,北海道知事がこの健康法を宗教法で承認している。その方法は,治療者 (宗癒師と呼ぶ) が念力 (精神エネルギー) を放出し,患者の背骨をまっすぐ治すというものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android