十字式背骨健康法(読み)じゅうじしきせぼねけんこうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十字式背骨健康法
じゅうじしきせぼねけんこうほう

北海道の獣医師安久津政人が創始したもので,背骨の矯正によって各種の病気を治す方式。カイロプラクティックなどと同じところもあるが,安久津自身が熱心なキリスト教徒であり,宗教的な要素が根本になっている。 1973年には,北海道知事がこの健康法を宗教法で承認している。その方法は,治療者 (宗癒師と呼ぶ) が念力 (精神エネルギー) を放出し,患者の背骨をまっすぐ治すというものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android