コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教法 しゅうきょうほう

百科事典マイペディアの解説

宗教法【しゅうきょうほう】

宗教に関する国家としての制度や宗教集団の存在・活動を規定する法。最古の《ハンムラピ法典》や中国の《周礼(しゅらい)》,インドの《マヌ法典》にも宗教に関する規定があり,ローマ帝国ではローマ法とは別に教会法が成立した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

宗教法の関連キーワードアブ・ベート・ディーンオープンマーケットイブン・タイミーヤ十字式背骨健康法プロコポービチ青森県護国神社リモージュ七宝セムナーニーオウム真理教カーヌーン谷口 知平幸福の科学信教の自由宗教法人法イスラム法カーディーアベスター宗教法学会シャリーア宗教団体法

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教法の関連情報