十時梅谷(読み)ととき ばいこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時梅谷 ととき-ばいこく

?-? 江戸時代後期の儒者。
十時梅厓(ばいがい)の養子。寛政10年(1798)養父の跡をつぎ,伊勢(いせ)(三重県)長島藩につかえる。書画もよくした。本姓は山田。名は順。字(あざな)は伯祐。別号に梅谷樵夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android