コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十河氏 そごううじ

世界大百科事典 第2版の解説

そごううじ【十河氏】

中世の武家家門の一つ。讃岐山田郡蘇甲郷(現,高松市十川(そがわ))出身の土豪。鎌倉後期の1293年(永仁1)には阿波守護小笠原常春の被官として阿波に進出した十河元清がおり,南北朝期の1356年(正平11∥延文1)には細川頼之の目代として伊予の守護代に任ぜられた十河遠久がみえる。このように十河氏は早くから阿波,讃岐等の守護に従って四国各地に進出したが,室町期に入って細川氏の畿内分国獲得とともに中央に進出し,92年(元中9∥明徳3)以降京都の細川邸に内衆として在勤し,1425年(応永32)には十河宗善が摂津守護代に補されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十河氏の関連キーワード後藤新平氏と十河信二氏十河一存十河城

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十河氏の関連情報