一存(読み)イチゾン

大辞林 第三版の解説

いちぞん【一存】

ひとりだけの考え。 「私の-では決められない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ぞん【一存】

〘名〙
① 同じ考え。
※政談(1727頃)三「上下の間隔りなく、一になる故、天地和合するが如く成事にて、国家能く納り」
② 自分ひとりだけの考え。一方的な考え。一存分。
人情本・春色恵の花(1836)初「しんぞうの一存にて茶屋へあいさつせしはいかにとなれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一存の関連情報