十谷温泉(読み)じっこくおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十谷温泉
じっこくおんせん

山梨県南巨摩(みなみこま)郡富士川町(ふじかわちょう)にある温泉。泉質は硫黄泉。大正時代までは村人の湯治場であったが、山崩れのため流失し、1960年(昭和35)開湯された。大柳川渓谷(おおやながわけいこく)に位置し、紅葉が美しく、ヤマメ釣り、山菜採りなどに適している。また県立南アルプス巨摩自然公園の入口として利用客が多い。JR身延(みのぶ)線鰍沢口(かじかざわぐち)駅からバス乗継ぎ40分、下車後徒歩20分。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android