コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十輪院内府記 じゅうりんいんないふき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十輪院内府記
じゅうりんいんないふき

『塵芥記』ともいう。室町時代,内大臣中院通秀の日記。自筆の部分を含めて,文明9 (1477) ~長享2 (88) 年の記事が伝存するが,途中欠脱が多い。年中行事や和歌,連歌会関係記事が中心であるが,家領 (加賀国額田荘ほか) 経営などに関する社会経済史的に重要な記述も含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

十輪院内府記の関連キーワード中院家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android