コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十輪院内府記 じゅうりんいんないふき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十輪院内府記
じゅうりんいんないふき

『塵芥記』ともいう。室町時代,内大臣中院通秀の日記。自筆の部分を含めて,文明9 (1477) ~長享2 (88) 年の記事が伝存するが,途中欠脱が多い。年中行事や和歌,連歌会関係記事が中心であるが,家領 (加賀国額田荘ほか) 経営などに関する社会経済史的に重要な記述も含まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十輪院内府記の関連キーワード中院家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android