コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十駕斎養新録 じゅうがさいようしんろくShi-jia-zhai yang-xin-lu; Shih-chia-chai yang-hsin-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十駕斎養新録
じゅうがさいようしんろく
Shi-jia-zhai yang-xin-lu; Shih-chia-chai yang-hsin-lu

中国,清の学術書。銭大 昕 (せんたいきん) 撰。 20巻,余録3巻。嘉慶4 (1799) 年完成。序によれば,顧炎武の『日知録』の体裁にならって作成したという。十駕斎とは著者の,養新とは著者の父の書斎名である。同 10年に阮元が刊行し,翌年子の東塾が未刊稿を整理し,『養新余録』 (3巻) として刊行した。経,史,子,集の全般にわたる内容をもち,銭大 昕の学問の幅の広さをよく表わしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

十駕斎養新録の関連キーワード銭大昕

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android