千山山脈(読み)せんざんさんみゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千山山脈
せんざんさんみゃく / チェンシャン

中国、遼寧(りょうねい/リヤオニン)省にある山地。長白山脈の支脈にあたり、北東から南西への走向を示す。片麻(へんま)岩、花崗(かこう)岩、石灰岩からなり、長期にわたる侵食の結果、大部分は波状の丘陵となっている。主峰は綿羊頂子山(1046メートル)。東北三大名山の一つに数えられ、多くの仏寺や道観(道教寺院)があり、文化財に富む観光地となっている。付近はナシの産地としても有名である。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千山山脈の言及

【遼東半島】より

…北限は遼河と鴨緑江の河口を結んだ線とされる。千山山脈が半島を貫き,長期にわたる侵食で低い丘陵となっている。トウモロコシ,稲などの穀類のほか,リンゴの産出とサクサン(柞蚕。…

※「千山山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android