千島桔梗(読み)ちしまぎきょう

大辞林 第三版の解説

ちしまぎきょう【千島桔梗】

キキョウ科の多年草。本州中部以北、北海道の高山の岩礫地に生える。根葉は長楕円形。夏、高さ5~15センチメートルの茎の先に紫色の鐘状花を横向きにつける。花冠の内面に長い白毛がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android