千歳宮(読み)ちとせのみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千歳宮 ちとせのみや

1237-1254 鎌倉時代,順徳上皇の皇子。
嘉禎(かてい)3年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱に敗れた順徳上皇が配流(はいる)された佐渡で誕生した。幕府の命をうけた地頭本間山城兵衛にまもられてくらしたとつたえられる。死後,村人たちが祠(ほこら)をたて,親王大明神としてまつったという。建長6年11月18日死去。18歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android