コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歳宮 ちとせのみや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千歳宮 ちとせのみや

1237-1254 鎌倉時代,順徳上皇の皇子。
嘉禎(かてい)3年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱に敗れた順徳上皇が配流(はいる)された佐渡で誕生した。幕府の命をうけた地頭本間山城兵衛にまもられてくらしたとつたえられる。死後,村人たちが祠(ほこら)をたて,親王大明神としてまつったという。建長6年11月18日死去。18歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千歳宮の関連キーワード嘉禎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android