コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千歳宮 ちとせのみや

1件 の用語解説(千歳宮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千歳宮 ちとせのみや

1237-1254 鎌倉時代,順徳上皇の皇子。
嘉禎(かてい)3年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱に敗れた順徳上皇が配流(はいる)された佐渡で誕生した。幕府の命をうけた地頭本間山城兵衛にまもられてくらしたとつたえられる。死後,村人たちが祠(ほこら)をたて,親王大明神としてまつったという。建長6年11月18日死去。18歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千歳宮の関連キーワード舜天大空位時代請求権・経済協力協定高知県の建設業黒韃事略舜天王他阿安達義景安倍久頼海野幸氏

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone