コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舜天王 シュンテンオウ

2件 の用語解説(舜天王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅんてん‐おう〔‐ワウ〕【舜天王】

[1166~1237]琉球の王。名は尊敦(そんとん)。源為朝の落胤(らくいん)と伝えられる。1187年王となり、在位51年という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舜天王 しゅんてんおう

1166-1237 琉球の国王。舜天王統初代。在位1187-1237。
琉球に渡来した源為朝と大里按司(あじ)の妹との間に生まれた子という。1180年浦添(うらそえ)按司となり,利勇をほろぼし,王位についたとつたえられる。舜天王51年死去。72歳。別名に尊敦(そんとん)。向象賢(しょう-しょうけん)の「中山世鑑(ちゅうざんせいかん)」(1650)にはじめて琉球最初の国王としてかかれた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

舜天王の関連キーワード舜天舜天藤原基実仁安請求権・経済協力協定高知県の建設業黒韃事略他阿安達義景安倍久頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone