コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舜天王 シュンテンオウ

デジタル大辞泉の解説

しゅんてん‐おう〔‐ワウ〕【舜天王】

[1166~1237]琉球の王。名は尊敦(そんとん)。源為朝落胤(らくいん)と伝えられる。1187年王となり、在位51年という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舜天王 しゅんてんおう

1166-1237 琉球の国王。舜天王統初代。在位1187-1237。
琉球に渡来した源為朝と大里按司(あじ)の妹との間に生まれた子という。1180年浦添(うらそえ)按司となり,利勇をほろぼし,王位についたとつたえられる。舜天王51年死去。72歳。別名に尊敦(そんとん)。向象賢(しょう-しょうけん)の「中山世鑑(ちゅうざんせいかん)」(1650)にはじめて琉球最初の国王としてかかれた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

舜天王の関連キーワード舜馬順煕王崇元寺英祖王義本王

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android