コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舜天王 シュンテンオウ

2件 の用語解説(舜天王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅんてん‐おう〔‐ワウ〕【舜天王】

[1166~1237]琉球の王。名は尊敦(そんとん)。源為朝の落胤(らくいん)と伝えられる。1187年王となり、在位51年という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舜天王 しゅんてんおう

1166-1237 琉球の国王。舜天王統初代。在位1187-1237。
琉球に渡来した源為朝と大里按司(あじ)の妹との間に生まれた子という。1180年浦添(うらそえ)按司となり,利勇をほろぼし,王位についたとつたえられる。舜天王51年死去。72歳。別名に尊敦(そんとん)。向象賢(しょう-しょうけん)の「中山世鑑(ちゅうざんせいかん)」(1650)にはじめて琉球最初の国王としてかかれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

舜天王の関連キーワード英祖王義本王舜馬順煕王尚円王尚思紹王尚思達王尚泰王尚徳王玉城王攀安知王