千歳車塚古墳(読み)ちとせくるまづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

ちとせくるまづかこふん【千歳車塚古墳】


京都府亀岡市千歳町千歳車塚にある古墳。大堰(おおい)川左岸、口丹波(現在の亀岡市、南丹市、京丹波町付近)に広がる田園の小高い丘に位置する前方後円墳。6世紀前半に造営されたといわれ、全長約82m、後円部径は約46mで高さ約7.5m、前方部幅は約49mで高さ約6.8m、3段築成になっていて葺石(ふきいし)や埴輪(はにわ)があり、墳丘の周りには盾形(たてがた)周濠の跡があった。同時期に造られた丹波の古墳のなかでは最大であり、丹波一帯を支配した大首長の墓と考えられている。古墳の形は伝統的な前方後円墳の特徴を受け継いでいるが、当時、大和政権を治めていた継体(けいたい)天皇や継体天皇に従った地方首長の古墳と形が違うことから、新勢力によって新しい古墳の形式が造られたとされる。大和政権の大王(おおきみ)や大王が派遣した地方首長の墓といわれる前方後円墳は、3世紀ごろから畿内(きない)を中心に造られ始め、大和政権の支配が進むにつれて全国各地に広がった。1982年(昭和57)に国の史跡に指定された。JR山陰本線亀岡駅から亀岡市ふるさとバス「毘沙門(びしゃもん)」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android