コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千羽海崖 せんばかいがい

2件 の用語解説(千羽海崖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕千羽海崖(せんばかいがい)


徳島県南部、美波(みなみ)町にある海岸。高さ50~220mに及ぶ断崖絶壁(だんがいぜっぺき)が約3km続く。崖面にはウミウが営巣し、海食洞も多い。室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園の景勝地で、南阿波(みなみあわ)サンラインが通じる。日和佐(ひわさ)港から遊覧船が運航。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千羽海崖
せんばかいがい

徳島県南部、海部(かいふ)郡美波(みなみ)町南部にある海岸。約2キロメートルにわたって50メートルから250メートルの絶壁が続き、クロマツ、ウバメガシ、ヤマモモなどの木が点在する。崖下には「通り岩」とよばれる海食洞がある。日和佐港から遊覧船があり、また南阿波サンラインが通じる。室戸阿南海岸国定公園の一部で、特別保護地区に指定されている。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千羽海崖の関連キーワード佐伯日和佐なみなみ安佐南大浜海岸みなべうめ振興館みなみかたみなみ波賀南ふらの多田美波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone