コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千羽海崖 せんばかいがい

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕千羽海崖(せんばかいがい)


徳島県南部、美波(みなみ)町にある海岸。高さ50~220mに及ぶ断崖絶壁(だんがいぜっぺき)が約3km続く。崖面にはウミウが営巣し、海食洞も多い。室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園の景勝地で、南阿波(みなみあわ)サンラインが通じる。日和佐(ひわさ)港から遊覧船運航

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千羽海崖
せんばかいがい

徳島県南部、海部(かいふ)郡美波(みなみ)町南部にある海岸。約2キロメートルにわたって50メートルから250メートルの絶壁が続き、クロマツ、ウバメガシ、ヤマモモなどの木が点在する。崖下には「通り岩」とよばれる海食洞がある。日和佐港から遊覧船があり、また南阿波サンラインが通じる。室戸阿南海岸国定公園の一部で、特別保護地区に指定されている。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

千羽海崖の関連キーワード徳島県海部郡美波町山河内徳島県海部郡美波町日和佐〈町〉ウバメガシ美波(町)美波町海食洞ウミウ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android