コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日和佐 ひわさ

4件 の用語解説(日和佐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日和佐
ひわさ

徳島県南東部,美波町中・西部を占める旧町域。太平洋に臨む。 1907年町制。 1956年赤河内村を編入。 2006年由岐町と合体して美波町となった。日和佐川沿いのほかは平地が少なく,林業と漁業が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひわさ【日和佐】

徳島県南東部、海部かいふ郡美波町の地名。薬王寺の門前町。大浜海岸はウミガメの産卵地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日和佐
ひわさ

徳島県南東部、海部(かいふ)郡にあった旧町名(日和佐町(ちょう))。現在は美波(みなみ)町の中部および西部を占める地域。旧日和佐町は、1907年(明治40)町制施行。1956年(昭和31)赤河内(あかがわち)町へ編入し、同時にふたたび日和佐町と改称。2006年(平成18)由岐(ゆき)町と合併して、美波町となった。JR牟岐(むぎ)線、国道55号(土佐街道)が通じる。日和佐川下流に位置し太平洋に臨む。大正時代までは河口が中心地であったが、現在は四国八十八か所第23番札所の薬王寺の門前町が発展して商店街を形成している。水産業、農業のほか、自動車部品工場があり、また観光開発が進んでいる。沿岸部は室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園域で、アカウミガメの産卵地(国指定天然記念物)の大浜海岸、大絶壁をなす千羽海崖(せんばかいがい)などがあり、南阿波(あわ)サンラインも通じる。北河内(きたがわうち)のタチバナ自生地、明丸(あきまる)のオガタマノキ自生地は県指定天然記念物。なお、オーストラリアのケアンズ市、沖縄県恩納(おんな)村とは姉妹都市の関係にあり、これは美波町になっても引き継がれている。[高木秀樹]
『『日和佐町史』(1984・日和佐町) ▽『日和佐町合併50周年記念写真誌』(2006・日和佐町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日和佐の関連キーワード徳島県海部郡美波町赤松徳島県海部郡美波町阿部徳島県海部郡美波町伊座利徳島県海部郡美波町奥河内徳島県海部郡美波町木岐徳島県海部郡美波町志和岐徳島県海部郡美波町田井徳島県海部郡美波町西由岐徳島県海部郡美波町港町徳島県海部郡美波町山河内

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日和佐の関連情報