コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉三余 ちば さんよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉三余 ちば-さんよ

1801-1886 江戸後期-明治時代の書家。
享和元年生まれ。宮城県仙台の人。安倍椿園に師事,また唐の書法をまなぶ。晩年は名取郡熊野堂村に隠居し,明治14年明治天皇東巡のときにまねかれて書を披露した。明治19年6月10日死去。86歳。名は常敬。字(あざな)は文郷。通称は甚左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉三余の関連キーワード明治時代書家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android