コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉兼胤 ちば かねたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉兼胤 ちば-かねたね

1392-1430 室町時代の武将。
明徳3=元中9年7月21日生まれ。千葉満胤(みつたね)の子。下総(しもうさ)千葉城主。応永16年謀反をおこした新田貞方(さだかた)を鎌倉七里ケ浜で殺す。23年上杉禅秀の乱では舅(しゅうと)禅秀に味方して足利持氏とたたかうが敗れた。永享2年6月17日死去。39歳。通称は千葉介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉兼胤

没年:永享2.6.17(1430.7.7)
生年:明徳3/元中9(1392)
室町時代の武将。千葉介,下総守護。満胤の子。応永16(1409)年当時,鎌倉府侍所の職にあり,反乱を企てた新田某を捕らえて七里浜に沈めたという。同23年に犬懸上杉氏憲(禅秀)が鎌倉でクーデタを起こしたときは,父と共にこれに加担し一時鎌倉を制圧した。氏憲の娘を妻としていた関係から氏憲に味方したといわれるが,千葉氏の勢いを伸ばす好機とみて反乱軍に加わったのであろう。結局翌24年に氏憲が滅亡すると,降伏し家名を保った。

(山田邦明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

千葉兼胤 (ちばかねたね)

生年月日:1392年7月21日
室町時代の武将;千葉介;下総守護;清胤の子
1430年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

千葉兼胤の関連キーワード生年月日千葉胤直小弓城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android