コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉兼胤 ちば かねたね

2件 の用語解説(千葉兼胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉兼胤 ちば-かねたね

1392-1430 室町時代の武将。
明徳3=元中9年7月21日生まれ。千葉満胤(みつたね)の子。下総(しもうさ)千葉城主。応永16年謀反をおこした新田貞方(さだかた)を鎌倉七里ケ浜で殺す。23年上杉禅秀の乱では舅(しゅうと)禅秀に味方して足利持氏とたたかうが敗れた。永享2年6月17日死去。39歳。通称は千葉介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉兼胤

没年:永享2.6.17(1430.7.7)
生年:明徳3/元中9(1392)
室町時代の武将。千葉介,下総守護。満胤の子。応永16(1409)年当時,鎌倉府侍所の職にあり,反乱を企てた新田某を捕らえて七里浜に沈めたという。同23年に犬懸上杉氏憲(禅秀)が鎌倉でクーデタを起こしたときは,父と共にこれに加担し一時鎌倉を制圧した。氏憲の娘を妻としていた関係から氏憲に味方したといわれるが,千葉氏の勢いを伸ばす好機とみて反乱軍に加わったのであろう。結局翌24年に氏憲が滅亡すると,降伏し家名を保った。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉兼胤の関連キーワード千葉勝胤千葉貞胤千葉実胤千葉輔胤千葉孝胤千葉胤直千葉成胤千葉康胤千葉自胤千葉頼胤

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone