コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉常安 ちば つねやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉常安 ちば-つねやす

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
千葉常兼の子。千葉常胤(つねたね)の叔父。下総(しもうさ)臼井荘(千葉県)を支配し,臼井氏を名のる。文治(ぶんじ)元年(1185)源頼朝が父義朝の菩提寺として鎌倉に建立した勝長寿院の落慶供養に参列した。のち頼朝の京都行き,東大寺供養などに随行。通称は六郎。名は常康ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉常安の関連キーワード臼井常安