コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉常安 ちば つねやす

1件 の用語解説(千葉常安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉常安 ちば-つねやす

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
千葉常兼の子。千葉常胤(つねたね)の叔父。下総(しもうさ)臼井荘(千葉県)を支配し,臼井氏を名のる。文治(ぶんじ)元年(1185)源頼朝が父義朝の菩提寺として鎌倉に建立した勝長寿院の落慶供養に参列した。のち頼朝の京都行き,東大寺供養などに随行。通称は六郎。名は常康ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

千葉常安の関連キーワード安西景益岡部忠澄国分胤通定兼薗田成重武石胤盛前野重純正恒(2)毛呂季光頼円(2)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone