千貫石溜池

デジタル大辞泉プラスの解説

千貫石溜池

岩手県胆沢郡金ケ崎町の北上川水系宿内川にある千貫石ダムの前身となった溜池。「せんがんいし」とも「せんがいし」とも読む。江戸時代、1682年に着工したが、決壊を繰り返したため、「おいし」という名の若い女性を千貫で買い牛とともに人柱にしたといい、名称の「千貫石」はこの伝承にちなむ。1691年に完成するが、1778年の大雨で決壊。長らく放置されていたものを、昭和時代に整備しなおし、千貫石ダムとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android