コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千駄木 せんだぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千駄木
せんだぎ

東京都文京区北東部の地区。地名の由来は,かつての森林地で,1日 1000駄 (駄は重量の単位) のまきを出したことによる。山手台地北東部に位置し,藍染川 (現在,不忍通り) の谷を隔てて上野台に対した。江戸時代は近郊農村であったが明治以後宅地化した。森鴎外旧居の観潮楼跡があり,その跡地は鴎外記念図書館になっている。東京地下鉄千代田線の千駄木駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

千駄木の関連キーワード東家 浦太郎(初代)東京都台東区谷中森おう外記念館新生ビルテクノ日本医科大学宮本 百合子清水 利太郎吉岡 堅二足利 惇氏小堀 杏奴児玉 希望観潮楼歌会藤浪 和子関 淑子千 宗守大槻俊斎櫻田彩子大宮盆栽森まゆみ根津 新

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千駄木の関連情報