コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半翅目 はんしもく

大辞林 第三版の解説

はんしもく【半翅目】

カメムシ目の旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の半翅目の言及

【半翅類】より

…昆虫綱半翅目Hemipteraに属する節足動物の総称。翅の質から同翅類Homopteraと異翅類Heteropteraとに分けられる。…

※「半翅目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半翅目の関連キーワードツマグロヨコバイ(端黒横這)メクラカメムシ(盲亀虫)エゴノネコアシアブラムシビワハゴロモ(琵琶羽衣)ナンキンムシ(南京虫)ナガカメムシ(長亀虫)ハナカメムシ(花亀虫)カメムシ(亀虫∥椿象)カイガラムシ(介殻虫)テイオウゼミ(帝王蟬)オオワラジカイガラムシコチニールカイガラムシイボタロウカイガラムシコナカゲロウ(粉蜻蛉)ホシカメムシ(星亀虫)ツチカメムシ(土亀虫)ミズカマキリ(水蟷螂)キンカメムシ(金亀虫)イトカメムシ(糸亀虫)グンバイムシ(軍配虫)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android