コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南原幹雄 なんばら みきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南原幹雄 なんばら-みきお

1938- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和13年3月23日生まれ。日活企画部につとめる。昭和48年「女絵地獄」で小説現代新人賞。50年作家生活にはいり,56年「闇と影の百年戦争」で吉川英治文学新人賞。平成9年「銭五の海」で日本文芸大賞。「鴻池(こうのいけ)一族の野望」「北の黙示録」や「付き馬屋おえん」シリーズなど,多彩な時代小説を発表している。東京出身。早大卒。本名は安井幹雄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南原幹雄の関連キーワード付き馬屋おえん事件帳〈2〉付き馬屋おえん事件帳〈3〉江戸・中町奉行所〈2〉付き馬屋おえん事件帳江戸・中町奉行所昭和

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android