鴻池(読み)こうのいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴻池
こうのいけ

大阪府東大阪市北部の地区。江戸時代初期まで大和川分流が流入していた新開池 (しんかいいけ) のあったところで,地名は宝永2 (1705) 年大坂豪商鴻池善右衛門 (3代目宗利) が巨費を投じてこの池を干拓,同5年約 120haの新田が開発され,鴻池新田と称したことに由来。当時の鴻池新田会所は重要文化財となっている。第2次世界大戦後の農地改革以来,工場進出や宅地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうのいけ【鴻池】

江戸時代、大坂の豪商。江戸初期、摂津国川辺郡鴻池村で酒醸を始め、酒販・海運・両替商として成功。諸大名との結びつきが強く、明治に入り、鴻池銀行(のちの三和銀行)を設立し、一大財閥を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鴻池の関連情報