コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池 こうのいけ

3件 の用語解説(鴻池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴻池
こうのいけ

大阪府東大阪市北部の地区。江戸時代初期まで大和川分流が流入していた新開池 (しんかいいけ) のあったところで,地名は宝永2 (1705) 年大坂の豪商鴻池善右衛門 (3代目宗利) が巨費を投じてこの池を干拓,同5年約 120haの新田が開発され,鴻池新田と称したことに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうのいけ【鴻池】

江戸時代、大坂の豪商の家の名。山中鹿之助の次男新六を祖とする。摂津鴻池村で酒造業を始め、のち大坂に進出して海運業・大名貸しを行い、両替業も兼ねた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうのいけ【鴻池】

江戸時代、大坂の豪商。江戸初期、摂津国川辺郡鴻池村で酒醸を始め、酒販・海運・両替商として成功。諸大名との結びつきが強く、明治に入り、鴻池銀行(のちの三和銀行)を設立し、一大財閥を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴻池の関連キーワード大阪府東大阪市荒本北大阪府東大阪市稲葉大阪府東大阪市今米大阪府東大阪市加納大阪府東大阪市宝町大阪府東大阪市三島大阪府東大阪市水走大阪府東大阪市箕輪大阪府東大阪市弥生町大阪府東大阪市吉原

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鴻池の関連情報