コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴻池 こうのいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴻池
こうのいけ

大阪府東大阪市北部の地区。江戸時代初期まで大和川分流が流入していた新開池 (しんかいいけ) のあったところで,地名は宝永2 (1705) 年大坂豪商鴻池善右衛門 (3代目宗利) が巨費を投じてこの池を干拓,同5年約 120haの新田が開発され,鴻池新田と称したことに由来。当時の鴻池新田会所は重要文化財となっている。第2次世界大戦後の農地改革以来,工場進出や宅地化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうのいけ【鴻池】

江戸時代、大坂の豪商の家の名。山中鹿之助の次男新六を祖とする。摂津鴻池村で酒造業を始め、のち大坂に進出して海運業大名貸しを行い、両替業も兼ねた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうのいけ【鴻池】

江戸時代、大坂の豪商。江戸初期、摂津国川辺郡鴻池村で酒醸を始め、酒販・海運・両替商として成功。諸大名との結びつきが強く、明治に入り、鴻池銀行(のちの三和銀行)を設立し、一大財閥を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鴻池の関連キーワード鴻池 善右衛門(11代目)鴻池善右衛門(10代)鴻池善右衛門(11代)大阪府東大阪市鴻池元町鴻池善右衛門(初代)平野屋五兵衛(初代)鴻池善右衛門(2代)鴻池善右衛門(3代)奈良県奈良市鳥見町兵庫県伊丹市鴻池鴻池新田会所跡鴻池喜右衛門野々村 政也鴻池 新十郎鴻池新右衛門原田 二郎大どこの犬鴻池新十郎野々村政也山中宗古

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鴻池の関連情報