コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南呂院 なんりょいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南呂院 なんりょいん

?-? 織豊時代の女性。
常陸(ひたち)(茨城県)太田城主佐竹義昭の娘。下野(しもつけ)宇都宮城主宇都宮広綱(ひろつな)と結婚,永禄(えいろく)11年(1568)嫡子国綱を生む。天正(てんしょう)8年夫の没後剃髪(ていはつ)し南呂院と号した。国綱がおさないため兄の佐竹義重を後見とし,以後10年あまり政権を掌握し,北条政子の再来と称された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南呂院の関連キーワード宇都宮国綱

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android