南木佳士(読み)なぎ けいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「南木佳士」の解説

南木佳士 なぎ-けいし

1951- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和26年10月13日生まれ。長野県佐久総合病院に内科医として勤務する。かたわら人間愛をテーマとした作品を発表し,昭和56年「破水」で文学界新人賞。平成元年「ダイヤモンドダスト」で芥川賞。「草すべり その他の短編」で20年泉鏡花文学賞,21年芸術選奨文部科学大臣賞。群馬県出身。秋田大卒。本名は霜田哲夫。作品はほかに「エチオピアからの手紙」「落葉小僧」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android