コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極条約議定書(読み)なんきょくじょうやくぎていしょ(英語表記)Protocol on Environmental Protection to the Antarctic Treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極条約議定書
なんきょくじょうやくぎていしょ
Protocol on Environmental Protection to the Antarctic Treaty

正式名は「環境保護に関する南極条約議定書」。南極の環境や生態系を包括的に保護することを目的に 1991年 10月にスペインのマドリードにおいて採択された議定書。南極の気候,海洋,動植物などに悪影響を及ぼす人間の諸活動を規制し,南極固有の価値を保全することを原則として,科学的調査を除く一切の鉱物資源活動の禁止,環境保護のための委員会の設置などを定めた 27の条項と (1) 環境影響評価,(2) 動植物相の保護,(3) 廃棄物の処理,(4) 海洋汚染防止のあり方,を定めた4つの付属書から成る。議定書はその発効より 50年後に見直しを行うこととしているが,特に鉱物資源活動については,許容可能な活動範囲や活動条件などに関して国際的合意に基づくなんらかの強制法の発効がないかぎり,禁止は継続するものとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android